カラーセラピストが常に立ち戻る出発点とは

こんにちは。カラリストスクール・ワムI.C.I 田口です。

セラピーを学びたいとか、セラピストになりたいっていう人って、
本当に優しいなと思います。

困っている人に手を差し伸べたい。
何か、人の役に立ちたいという気持ちが強い人が多いんですよね。

そういう人が、心のサポートの仕事に就くのは、
とても頼もしいと思います。

でも、そういう気持ちでセラピストになっても、
自分のセラピーを受けたご相談者の気持ちになかなか変化が現れなかったり、
良い反応が返って来なかったりすると、ちょっとがっかりしたり、悲しい気持ちになったりします。

それは当然ですよね。
やっぱり、自分のしたことで誰かが楽になってくれたら嬉しいし、
「ありがとう」って喜んでくれたら、セラピストになってよかったなと思う。
そういうものだと思います。

ただ、これだけは気を付けないといけないのは、
セラピーは、セラピストのためにやっているのではない。
相談者のためにやっているのだということ。

セラピストが相談者に、
「先生のセラピーはすごい」と言わせようとセラピーをしてしまうと、
相談者を何とか自分がほしい反応のほうに誘導しようという気持ちが働いてしまいます。

そういう気持ちに、人は本当に敏感です。

「この人は私をコントロールしようとしている」

そういう風に相談者が思ってしまったら、
信頼関係は崩れ、もうセラピーにはなりません。

セラピストは常に「何のためにセラピーをしているのか」を忘れずにいてください。

「困っている人を助けたい」

「誰かの役に立ちたい」

その気持ちさえあれば、
「すごい」と言われる必要なんてないことを思い出すことができるでしょう。

セラピストは、その出発点にいつも立ち戻る必要があるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

(田口さつき)

ワムのカラーセラピスト講座では、オンラインでの授業を開始しました。
自宅で教室と同じように受講できて、資格も取得することができます。

これまで「教室が遠いから」と、あきらめていた人には逆に大きなチャンスになると思っています。
 

カラーセラピスト講座についてはこちらから

オンラインによるカラーセラピスト資格講座

 

ワムでは、カラーセラピスト講座を修了した方を対象にしたカラーセラピスト・スペシャリスト講座(月1回×6回)をおこなっています。資格講座で学んだ各技法をさらに深めていきますので、よりカラーセラピストとして自信をもってセラピーをおこなえるようになります。カラーセラピスト資格講座を修了した方は、そのまますぐにスペシャリスト講座に進むことができますよ。修了すると、カラーセラピスト・スペシャリストの認定証が発行されます。

 

スクール事務局では受講に関しての相談をメールやお電話にて受け付けています。
ご相談内容を記入の上、送信してください。

ご相談はこちらから

 

カラースペース・ワムでは、随時メルマガを発行しています。
登録すると、色のお役立ち情報やパーソナルカラー、カラーセラピーの疑問に答えるミニ講座、教材の割引クーポンなどがもらえます。

メルマガ登録はこちらに入力して送信してください。

アドレス登録の際の注意
以下のようなアドレスの場合、メルマガの読者登録ができませんので、ご注意ください。

アドレスの先頭に.ピリオドがある。.abcd@example.co.jp
@アットマークの直前に.ピリオドがある。abcd.@example.co.jp
@アットマークより前で、.ピリオドが連続している。 abcd..@example.co.jp
半角英数字と一部の記号※以外の文字列を含んでいる
※一部の記号(. ! # $ % & ‘ * + – / = ? ^ _ { | } ~ )
ab[cd@example.co.jpab@cd@example.co.jp

などです。お手数ですが、ご確認の上ご登録いただきますようお願いいたします。

関連記事

  1. 「いやだ」と感じる気持ちが自分を守っているということ

  2. 「誰かの役に立ちたい」カラーセラピストが陥りやすい落とし穴と…

  3. 新年をむかえたあなたに贈る言葉

  4. 「時間は未来から流れてくる」といったのは、○○だった!

  5. 相談者がセラピストを受け入れられない場合とは?

  6. カラーセラピストの仕事は、マンツーマンのセラピーだけではあり…