恐さを乗り越えてはじめて、セラピー関係が成立します

こんにちは。カラリストスクール・ワムI.C.I 田口です。

台風は過ぎたものの停電の地域がまだまだ残っていて、

電力とのつきあい方を考えさせられますね。

 

さて、

カラーセラピーの実習で、話を聴くことの難しさを書いたことがありますが、

話を聴くことが難しくなってしまう原因のひとつに、

私は、相談者の気持ちを受けとめることを恐がってしまうということがあると思っています。

たとえば、自分にも経験のあるような話であれば、自分もそのことを乗り越えたことがあるので、そんなに聴くのは恐くないと思います。

でも、自分には経験のないことや、見たり聞いたりしたこともないことについては、聴くのが恐くなってしまうのではないかと思うのです。

自分にも経験がないし、どんな風に乗り越えられるか手がかりもないような相談の場合、確かに「どうしよう」とは思います。

でも、そこで逃げてしまって、話題を変えようとした瞬間、相談者との信頼関係を築くことはできなくなってしまうのです。

カラーセラピストは、その恐さを乗り越えてほしい。

その恐さを乗り越えたところに、相談者との真のセラピー関係が成立するのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

(田口さつき)

 

カラーセラピストになりたい方はこちらから

カラーセラピスト資格講座

 

ワムでは、カラーセラピスト講座を修了した方を対象にしたカラーセラピスト・スペシャリスト講座(月1回×6回)をおこなっています。資格講座で学んだ各技法をさらに深めていきますので、よりカラーセラピストとして自信をもってセラピーをおこなえるようになります。カラーセラピスト資格講座を修了した方は、そのまますぐにスペシャリスト講座に進むことができますよ。修了すると、カラーセラピスト・スペシャリストの認定証が発行されます。

 

スクール事務局では受講に関しての個別相談を受け付けています。
ご相談内容、相談希望日などを記入の上お申し込み下さい。

ご相談はこちらから

 

カラースペース・ワムでは、随時メルマガを発行しています。
登録すると、色のお役立ち情報やパーソナルカラー、カラーセラピーの疑問に答えるミニ講座、教材の割引クーポンなどがもらえます。

メルマガ登録はこちらに入力して送信してください。

アドレス登録の際の注意
以下のようなアドレスの場合、メルマガの読者登録ができませんので、ご注意ください。

アドレスの先頭に.ピリオドがある。.abcd@example.co.jp
@アットマークの直前に.ピリオドがある。abcd.@example.co.jp
@アットマークより前で、.ピリオドが連続している。 abcd..@example.co.jp
半角英数字と一部の記号※以外の文字列を含んでいる
※一部の記号(. ! # $ % & ‘ * + – / = ? ^ _ { | } ~ )
ab[cd@example.co.jpab@cd@example.co.jp

などです。お手数ですが、ご確認の上ご登録いただきますようお願いいたします。

関連記事

  1. クリエイティブな発想を生み出す意識とは?

  2. セラピストになりたいなら、○○を恐れてはいけない

  3. 「いやだ」と感じる気持ちが自分を守っているということ

  4. 「自主的に○○してほしい」という気持ちにひそむダブルバインド…

  5. セラピー関係が成り立つのは…

  6. 「参考にします…」と言われてしまうパーソナルカラ…