セラピストが怖がっていると相談者も怖くなってしまいます

こんにちは。カラリストスクール・ワムI.C.I 田口です。

カラーセラピーの相談者を初めて受け付けるとき、それは、ドキドキものだと思います。

嬉しさもあるけれど、自分のセラピーがどう受け止められるかを考えると、同時に怖さも感じるものです。

この怖さは、経験を積むとだんだんと薄れていくものです。

なぜというと、「こういう人にはこういう対応をする」ということが、自分のなかに積み重なっていくからです。

ただ、やっぱり誰にでも「初めて」はあるので、最初の何回かは、本当に緊張すると思うんですね。

なので、できれば、最初の数回は友達や身近な人や、紹介してもらった人などにモニターになってもらうのがいいと思います。

どうしても、料金を払ってもらったと思うと、緊張感がさらに高まってしまうので、最初は知り合いに「練習させてもらう」感じにしたほうがいいのです。

セラピストが怖がっていると、その気持ちは、どんなに平静を装っても相手に伝わってしまいます。

先生が不安な状態では、相談者が安心して自分の身をゆだねることができません。

セラピーでは、安心できる場を提供することが一番大切ですから、セラピスト自信がゆったりとした感覚を持っていることが不可欠です。

そのため、少し怖くなくなるまで、少なくともセラピーの手順を何も見ないでできるようになるまでは、練習を重ねましょう。

何ごとも積み重ねです。繰り返し練習することで、手順が頭に入り、相談者の話により集中できるようになりますよ。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

(田口さつき)

ワムのカラーセラピスト講座は、オンライン授業を行っています。
自宅で教室と同じように受講できて、資格も取得することができます。

これまで「教室が遠いから」と、あきらめていた人には逆に大きなチャンスですよ!
カラーセラピスト講座についてはこちらから

オンラインによるカラーセラピスト資格講座

 

ワムでは、カラーセラピスト資格をお持ちの方を対象にしたカラーセラピスト・スペシャリスト講座(月1回×6回)をおこなっています。秋開始のコースを企画中ですので、カラーセラピスト資格をお持ちの方は、ぜひ楽しみにしていてください。資格講座で学んだ各技法をさらに深めていきますので、よりカラーセラピストとして自信をもってセラピーをおこなえるようになります。ユーキャンの通信講座でカラーセラピスト資格を取った方、通学講座でカラーセラピスト資格講座を修了した方は、そのまますぐにスペシャリスト講座に進むことができますよ。修了すると、カラーセラピスト・スペシャリストの認定証が発行されます。

 

スクール事務局では受講に関しての相談をメールやお電話にて受け付けています。
ご相談内容を記入の上、送信してください。

ご相談はこちらから

 

カラースペース・ワムでは、随時メルマガを発行しています。
登録すると、色のお役立ち情報やパーソナルカラー、カラーセラピーの疑問に答えるミニ講座、教材の割引クーポンなどがもらえます。

メルマガ登録はこちらに入力して送信してください。

アドレス登録の際の注意
以下のようなアドレスの場合、メルマガの読者登録ができませんので、ご注意ください。

アドレスの先頭に.ピリオドがある。.abcd@example.co.jp
@アットマークの直前に.ピリオドがある。abcd.@example.co.jp
@アットマークより前で、.ピリオドが連続している。 abcd..@example.co.jp
半角英数字と一部の記号※以外の文字列を含んでいる
※一部の記号(. ! # $ % & ‘ * + – / = ? ^ _ { | } ~ )
ab[cd@example.co.jpab@cd@example.co.jp

などです。お手数ですが、ご確認の上ご登録いただきますようお願いいたします。

関連記事

  1. 「誰かの役に立ちたい」カラーセラピストが陥りやすい落とし穴と…

  2. クリエイティブな発想を生み出す意識とは?

  3. カラーセラピストの仕事は、マンツーマンのセラピーだけではあり…

  4. 今までの考え方をリセットしよう

  5. 卒業したのにまだ資格が必要ですか?

  6. 自分らしさって何だ?