パーソナルカラー診断は「人からどう見えるか」を知る良い機会です

こんにちは。カラリストスクール・ワムI.C.I 田口です。

10連休、どんなふうにお過ごしですか?
カラリストさんたちは、セミナーやパーソナルカラー診断のお仕事で意外に忙しくしている人が多いようですね。

ところで、みなさんは、パーソナルカラー診断というと「似合う色を教えてもらう」ものだと思っていらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、それは一つの側面ですから正解なのですが、パーソナルカラー診断には、もう一つとても大事な側面があるのです。

それは、

他者の視点を得られること。

なんか、難しく言ってしまいましたが、つまりは「人からどう見えるか」を教えてもらえるということなんです。

ファッションって「似合う似合わない」はとても大事なことなのに、自分がその服やスタイルを「好きか嫌いか」っていう視点からどうしても離れるのは難しいんです。
特に、一人で買い物なんかしていると、どうしても「好きな」ものに目が行ってしまいます。

でも、パーソナルカラー診断でカラリストに見てもらうことで、自分が人からどんな印象で見られているのか、またプロから見てどんな色やスタイルが合うのか、知ることができるんです。

ですから、自分が普段着ないような色やスタイルが「似合いますよ」と言われた場合は、ぜひ、実際にお店に行って試着してみることをお勧めします。

自分では思ってもみなかった自分に似合うファッションの世界が、そこからきっと始まりますよ!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
(田口さつき)

正しく自分だけに似合う色がわかるパーソナルカラー診断を受けてみたくなったら⇒パーソナルカラー診断

5月開講のスペシャリスト講座はこちらから⇒パーソナルカラリスト・スペシャリスト講座

カラースペース・ワムでは、随時メルマガを発行しています。
登録すると、色のお役立ち情報やパーソナルカラー、カラーセラピーの疑問に答えるミニ講座、教材の割引クーポンなどがもらえます。

メルマガ登録はこちらに入力して送信してください。

関連記事

  1. 「大人っぽく見られたい!」ブライトスプリングの失敗とは?

  2. 自分のパーソナルカラーシーズンがわかれば、もう○○に惑わされ…

  3. 自分らしさって何だ?

  4. 黒が本当に似合う人は、ほんの一握りしかいない!?

  5. 本物の宝石でなくても素敵に装えるうらやましいパーソナルカラー…

  6. サマーとウインターに似合うオレンジはありません