セラピー関係が成り立つのは…

こんにちは。カラリストスクール・ワムI.C.I 田口です。

先日のことですが、私は事務所で

「こんな伝票じゃだめよ!」

と、強い口調で、事務所スタッフに伝票を突っ返していました。

だってね。

「日付も書いていない」
「どこに行ったのかも書いていない」

そんな交通費を請求されても困ります!(怒)

そう。私にはこんな一面もあります。これも私の仕事の一部なんですね。

正しく書いていない書類は、訂正してもらわなくてはいけません。

そして、きちんとしていないことに対しては、強面で対応しなくてはいけないこともあります。

でも、そんな私も、セラピーのときには相談者の気持ちを全面的に受けとめます。

ただ、私が最初に書いたスタッフにセラピストとしてセラピーが行えるかというと、それは無理です。

一方で「書類は正確に書いてください」と叱っておいて、もう一方で「きちんとできないのには何か理由があったんだね」と言うことはできません。

つまり、別の関係性がすでにある人との間では、セラピー関係は成立しないということなんです。

親子関係なんかは一番よい例だと思います。

子どもに「もっとちゃんとしなさい」と叱っている立場の親が、セラピストとして「ちゃんとできないのには何か理由があるんだよね」と言って接しても、説得力がありません。

子どもの側も「そんなこと言ったって、また怒るんでしょ?」と感じてしまうだけだからです。

このように、セラピストと相談者という関係を成立させるためには、別の関係性が全くないのが望ましい。

ですから、セラピーを学んで誰かに練習台になってほしいという人は、「友達の友達」くらいの関係性がいいと思います。

多重関係のないセラピストに自分の話を聴いてもらうことは、自分を本当の意味でさらけ出せるとても良い時間になります。

セラピーを学ぶ方は、ぜひ、講座の時間中などに、このことを体験してほしいと思います。

ですから、講座のなかでロールプレイをする際には、ぜひ自分の悩みを話題として提供してください。きっとその悩みは、講座のなかで解消することと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

(田口さつき)

カラーセラピストになりたい方はこちらから

カラーセラピスト資格講座

 

ワムでは、カラーセラピスト講座を修了した方を対象にしたカラーセラピスト・スペシャリスト講座(月1回×6回)をおこなっています。資格講座で学んだ各技法をさらに深めていきますので、よりカラーセラピストとして自信をもってセラピーをおこなえるようになります。カラーセラピスト資格講座を修了した方は、そのまますぐにスペシャリスト講座に進むことができますよ。修了すると、カラーセラピスト・スペシャリストの認定証が発行されます。

 

スクール事務局では受講に関しての個別相談を受け付けています。
ご相談内容、相談希望日などを記入の上お申し込み下さい。

ご相談はこちらから

 

カラースペース・ワムでは、随時メルマガを発行しています。
登録すると、色のお役立ち情報やパーソナルカラー、カラーセラピーの疑問に答えるミニ講座、教材の割引クーポンなどがもらえます。

メルマガ登録はこちらに入力して送信してください。

アドレス登録の際の注意
以下のようなアドレスの場合、メルマガの読者登録ができませんので、ご注意ください。

アドレスの先頭に.ピリオドがある。.abcd@example.co.jp
@アットマークの直前に.ピリオドがある。abcd.@example.co.jp
@アットマークより前で、.ピリオドが連続している。 abcd..@example.co.jp
半角英数字と一部の記号※以外の文字列を含んでいる
※一部の記号(. ! # $ % & ‘ * + – / = ? ^ _ { | } ~ )
ab[cd@example.co.jpab@cd@example.co.jp

などです。お手数ですが、ご確認の上ご登録いただきますようお願いいたします。

関連記事

  1. ○○されちゃう人はセラピストの素質あり!?

  2. 新年をむかえたあなたに贈る言葉

  3. 仕事を引き受ければ引き受けるほど、どんどん運気が上がります!…

  4. お客様は「あなたの味方」です

  5. 「ひとりになっても収まらない怒り…」心の悩みを色…

  6. 怒りの感情をぶつけられたとき、セラピストはどうしたらいいのか…