セラピストとして癒やしたいのは誰か?

こんにちは。カラリストスクール・ワムI.C.I 田口です。

猛暑が続きますね。

うちの鉢植えハーブは暑さに負けず頑張って育っていましたが、イタリアンパセリがアゲハチョウのえさ場になってしまいまして、五齢幼虫がもりもりとパセリを食べております。

人間も野菜をたくさん食べて、夏ばてしないよういしなくちゃいけませんね。

ところで、

カラーセラピスト講座のなかで、「○○のときには、どうしたらいいですか?」というご質問をよくいただきます。

そういうときに、私が気になるのは、その「○○のとき」というのが、ご自分が実際に出会ったケースなのかということです。

まだ、学びの途中で、実際のセラピーをおこなっていない段階でも、さまざまなケースに思いをめぐらすことは悪いことではありません。

ただ、さまざまなケースを想定するといっても、すべてのことをあらかじめ想定して準備するというのは不可能です。

それでも、おそらく「この場合は?」「あの場合は?」と気になってしまう方は結構多いのかもしれません。

そこで、私がお勧めしたいことは、

「誰を癒やしたいのかを決める」ということなんです。

カラーセラピストとして、あなたがセラピーを提供したい相手は、どんな人でしょうか?

それを、ある程度はっきりさせて、対象を絞り込んでおくことは、実際にセラピーを仕事にするうえでも大切なことなのです。

ここをきちんと絞っておかないと、「このケースの人が来たらどうしよう」「あのケースの人が来たらどうしよう」と、いつまでたっても自分のセラピーに自信を持つことができなくなります。

まず、自分だったら、どんな人が相談者だったらいいと思うのかを考えてみてください。

たとえば、私なら、子どもの頃から人と目を合わせるのが恐いと思いながら大きくなったし、中学生の頃は男子生徒にからかいの対象にされたこともある。そうすると、同じように対人コミュニケーションに自信が持てない人や、いじめにあっている人などの気持ちを受け止めやすいんじゃないかなと思うのです。

そんな風に、「私なら、こういう状況に置かれている人の気持ちはよくわかるなあ」と思う人をセラピーの対象にしたらいいのです。

たくさんの架空のケースを学ぶよりも、身近で自分と同じような体験をしたひとを癒やすこと。

セラピストとしてスタートしたばかりの人は、そこを目標にしてみてください。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

(田口さつき)

カラーセラピストになりたい方はこちらから

カラーセラピスト資格講座

 

ワムでは、カラーセラピスト講座を修了した方を対象にしたカラーセラピスト・スペシャリスト講座(月1回×6回)をおこなっています。資格講座で学んだ各技法をさらに深めていきますので、よりカラーセラピストとして自信をもってセラピーをおこなえるようになります。カラーセラピスト資格講座を修了した方は、そのまますぐにスペシャリスト講座に進むことができますよ。修了すると、カラーセラピスト・スペシャリストの認定証が発行されます。

 

スクール事務局では受講に関しての個別相談を受け付けています。
ご相談内容、相談希望日などを記入の上お申し込み下さい。

ご相談はこちらから

 

カラースペース・ワムでは、随時メルマガを発行しています。
登録すると、色のお役立ち情報やパーソナルカラー、カラーセラピーの疑問に答えるミニ講座、教材の割引クーポンなどがもらえます。

メルマガ登録はこちらに入力して送信してください。

アドレス登録の際の注意
以下のようなアドレスの場合、メルマガの読者登録ができませんので、ご注意ください。

アドレスの先頭に.ピリオドがある。.abcd@example.co.jp
@アットマークの直前に.ピリオドがある。abcd.@example.co.jp
@アットマークより前で、.ピリオドが連続している。 abcd..@example.co.jp
半角英数字と一部の記号※以外の文字列を含んでいる
※一部の記号(. ! # $ % & ‘ * + – / = ? ^ _ { | } ~ )
ab[cd@example.co.jpab@cd@example.co.jp

などです。お手数ですが、ご確認の上ご登録いただきますようお願いいたします。

関連記事

  1. 「時間は未来から流れてくる」といったのは、○○だった!

  2. 相談者がセラピストを受け入れられない場合とは?

  3. 「こんな私で大丈夫かな?」と心配になっているセラピストさんへ…

  4. お客様がカラリスト、カラーセラピストである「あなたを選ぶポイ…

  5. 「自分に自信が持てない…」心の悩みを色が解決!

  6. 「気分が完全にスッキリしたら、もう来てくれなくなっちゃうのか…