セラピストは明るい色の装いで

こんにちは。カラリストスクール・ワムI.C.I 田口です。

うちでは梅の花がそろそろ終わり、さくらんぼの花が咲き始めました。

少しずつ、春らしい空気になってきましたね。

セラピーを学んでいる方からのご質問で、

「セラピストとして相談者の前に座るときに、どんな服を着たらいいでしょうか?」

というものがあります。

セラピストの装いには、結構バランス感覚が必要になります。

というのも、

あまり派手な感じで、相手を圧倒してしまうようなものはいけませんし、

また、きちんとしようと思って堅苦しくなりすぎるのもよくありません。

そのため、

ちょっとキレイ目にみえるくらいのニットや、ノーカラーのジャケットなどがおすすめです。
そして、一番大切なのが、やや明るめの色を着ることなのです。

精神的に落ち込んでいるときは、どうしても暗い色を着てしまいがちです。
ご相談に来る方も、そういう方が多いのではないでしょうか。

黒を着たくなる気持ちには、
「自分の内面に触れられたくない」
というような防御の気持ちが隠れていることが多いからです。

つまり、セラピストが黒を着てしまうと、
セラピスト自身が防御的な印象を与えてしまうことがあるのです。

セラピストが明るい色を着ていることで、セラピールームが明るい雰囲気になります。

そういう言葉にしない空気感は、セラピーにはとても大切なので、装いの色がとても重要なのです。

ご相談者がこれからの未来に明るい希望が持ってもらえるようにするためにも、セラピストには明るい色を着てほしい。

そんな風に思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

(田口さつき)

ワムのカラーセラピスト講座は、ZOOMによるオンライン授業を行っています。
自宅で教室と同じように受講できて、資格も取得することができます。

これまで「教室が遠いから」と、あきらめていた人には逆に大きなチャンスですよ!
事前にzoomに接続する練習もできますので、初めての方も安心して受講できます。

カラーセラピスト講座についてはこちらから

オンラインによるカラーセラピスト資格講座

 

ワムでは、カラーセラピスト資格をお持ちの方を対象にしたカラーセラピスト・スペシャリスト講座(月1回×6回)をおこなっています。5月開始のコースを企画中ですので、カラーセラピスト資格をお持ちの方は、ぜひ楽しみにしていてください。資格講座で学んだ各技法をさらに深めていきますので、よりカラーセラピストとして自信をもってセラピーをおこなえるようになります。ユーキャンの通信講座でカラーセラピスト資格を取った方、通学講座でカラーセラピスト資格講座を修了した方は、そのまますぐにスペシャリスト講座に進むことができます。修了すると、カラーセラピスト・スペシャリストの認定証が発行されます。

 

スクール事務局では受講に関しての相談をメールやお電話にて受け付けています。ZOOMでもOKです。
ご相談内容を記入の上、送信してください。

ご相談はこちらから

 

カラースペース・ワムでは、随時メルマガを発行しています。
登録すると、色のお役立ち情報やパーソナルカラー、カラーセラピーの疑問に答えるミニ講座、教材の割引クーポンなどがもらえます。

メルマガ登録はこちらに入力して送信してください。

アドレス登録の際の注意
以下のようなアドレスの場合、メルマガの読者登録ができませんので、ご注意ください。

アドレスの先頭に.ピリオドがある。.abcd@example.co.jp
@アットマークの直前に.ピリオドがある。abcd.@example.co.jp
@アットマークより前で、.ピリオドが連続している。 abcd..@example.co.jp
半角英数字と一部の記号※以外の文字列を含んでいる
※一部の記号(. ! # $ % & ‘ * + – / = ? ^ _ { | } ~ )
ab[cd@example.co.jpab@cd@example.co.jp

などです。お手数ですが、ご確認の上ご登録いただきますようお願いいたします。

関連記事

  1. 自分らしさって何だ?

  2. セラピー関係が成り立つのは…

  3. ソーシャル・ディスタンスが不要な理由とは?

  4. こんな時だからこそセラピストが求められています

  5. セラピストが怖がっていると相談者も怖くなってしまいます

  6. 相談者がセラピストを受け入れられない場合とは?