「大人っぽく見られたい!」ブライトスプリングの失敗とは?

こんにちは。カラリストスクール・ワムI.C.Iのむとうです。

今日は、私の笑える昔話をお送りします。

まず、私のシーズンカラーですが、タイトルにもありますようにブライトスプリングです。

今となっては、ずっと前からブライトスプリングであったかのように振る舞っておりますが、パーソナルカラーを知らなかったちょっと前までは、よく「顔色、悪いね」と言われたりしてました。

もともと低血圧なので朝は調子が出ないこともあったし、以前就いていた仕事では終電帰りも当たり前という感じで常に疲れていたので、「そのせいかな?」と思っていました。↓

その前の職場での話です。

あるとき、会社の後輩の結婚式に参加しました。
先輩らしく少し大人っぽくしようとして、着ていく服に黒を選びました。メイクは得意ではないので薄めにして。アクセサリーも小さなものしかつけませんでした。

今考えれば、黒のワンピースをシンプルに着ることに憧れがあったのだと思います。

会社の同僚と沢山写真をとり、後日その画像を見てみると私だけお通夜の帰りみたいでした。

メイクが薄かったため余計に顔色が悪く見えて、目の下のクマもくっきり写ってました。

季節は春で、他の皆が明るめの服を着ていたため、私だけホントに地味~な感じで浮いてしまいました。
格好つけず春らしい服を着ていけば良かったのに。
せっかくのおしゃれイベントが、色で大失敗に終わったのでした。

ブライトスプリングは、本来、ヌードベージュのような淡いベージュを本当に品よく着こなせる人が多いのです。
スプリングに似合う色というと、カラフルなイメージが強いかもしれませんが、ベージュがとても似合います。

「ヴィヴィッドカラーはちょっと」というブライトスプリングの方には、ぜひ、ベージュを上手に使って大人っぽさを表現していただきたいと思います。
イメージしやすいように、リンクを貼っておきますね。(この画像では、コートの色がディープオータムになってしまっていますが…)⇒ピンクベージュのワンピース

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。(むとうかちこ)

正しく自分だけに似合う色がわかるパーソナルカラー診断を受けてみたくなったらこちらへどうぞ

自分でパーソナルカラー診断できる人になりたくなったらこちらへどうぞ

カラースペース・ワムでは、随時メルマガを発行しています。
登録すると、色のお役立ち情報やパーソナルカラー、カラーセラピーの疑問に答えるミニ講座、教材の割引クーポンなどがもらえます。

メルマガ登録はこちらに入力して送信してください。

関連記事

  1. ブルーアンダートーンは本当に「姫」なのか??

  2. サマーとウインターに似合うオレンジはありません

  3. パステル・サマーの人はキャメルのコートを着てはいけない?