黒が本当に似合う人は、ほんの一握りしかいない!?

こんにちは。カラリストスクール・ワムI.C.I 田口です。

一気に春めいてきましたね。うちでは桜(ソメイヨシノではなくて、さくらんぼがなる桜なんですけど)が、もう咲き始めました。

ファッションも、どんどん春らしいウインドウになっているので、明るい色、黄色やピンクのものを手にとりたくなる季節です。

ただ、どんな季節でも定番の色と言ったら、やっぱり「黒」ですよね。

「黒を着ていると落ち着く」とか、「気が付くと黒ばかり着ている」という人って、案外多いと思います。

でも、パーソナルカラーという視点で考えると、黒が本当に似合って魅力的に見える人は、ごくごくわずかなんです。

そもそもブライト・スプリングやディープ・オータムのようなイエローアンダートーンの方に、黒は似合いません。もちろん、パーソナルカラーの達人になると、イエローアンダートーンでも黒を着こなす術を持っていらっしゃる方もいますが、そうとうに工夫が必要なのは確か。

また、ブルーアンダートーンでも、パステル・サマーの人に黒はもったいない。スプリングやオータムに比べれば、黒がまったくダメというわけでもないのですが、他の色のほうが似合うので、わざわざ黒にする必要はないのです。それに、サマーの人が黒を着ると、ちょっと堅苦しい雰囲気になってしまって、あんまり印象がよくありません。

結果、黒を自然で魅力的に着こなせるのは、ブリリアント・ウインターの人だけなんです。しかも、そのウインターの中でも「黒が一番」という人は、またそのなかの一部の人。

だからね。黒が似合う人って、本当に全体の割合から言ったら少数なのに、黒って定番色なんですよね。

ただ、体の具合が悪かったり、精神的に落ち込んでいるときに「黒」は案外やさしいんです。
鮮やかな色を受け付けないほど気力も体力もないときは、黒をまとって、少し休む。
黒には、そんな効果もあるんですよ。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
(田口さつき)

正しく自分だけに似合う色がわかるパーソナルカラー診断を受けてみたくなったら⇒パーソナルカラー診断

自分でパーソナルカラー診断できる人になりたくなったら4月開講・WAM講師養成コース

「色の仕事を手に」体験レッスン&説明会をおこないます。
ヨシタミチコ校長や、WAM講師から直接話を聞くチャンス!
日時 3月16日(土)、4月6日(土) 各日とも14:00~15:30
会場 カラリストスクール・ワムICI 原宿教室
参加費 1000円(当日お支払下さい)
※個別の受講相談は無料です。月~金の10時~17時までの間でご希望の時間帯をご記入の上、お申し込みください。

お申し込みはこちらから

カラースペース・ワムでは、随時メルマガを発行しています。
登録すると、色のお役立ち情報やパーソナルカラー、カラーセラピーの疑問に答えるミニ講座、教材の割引クーポンなどがもらえます。

メルマガ登録はこちらに入力して送信してください。

アドレス登録の際の注意
以下のようなアドレスの場合、メルマガの読者登録ができませんので、ご注意ください。

アドレスの先頭に.ピリオドがある。.abcd@example.co.jp
@アットマークの直前に.ピリオドがある。abcd.@example.co.jp
@アットマークより前で、.ピリオドが連続している。 abcd..@example.co.jp
半角英数字と一部の記号※以外の文字列を含んでいる
※一部の記号(. ! # $ % & ‘ * + – / = ? ^ _ { | } ~ )
ab[cd@example.co.jpab@cd@example.co.jp

などです。お手数ですが、ご確認の上ご登録いただきますようお願いいたします。

関連記事

  1. パステル・サマーの人はキャメルのコートを着てはいけない?

  2. 新年をむかえたあなたに贈る言葉

  3. お客様がカラリスト、カラーセラピストである「あなたを選ぶポイ…

  4. 自分のパーソナルカラーシーズンがわかれば、もう○○に惑わされ…

  5. しょっちゅう道を聞かれる私は○○の人です

  6. 本物の宝石でなくても素敵に装えるうらやましいパーソナルカラー…