お客様がカラリスト、カラーセラピストである「あなたを選ぶポイント」とは?

こんにちは。

カラリストスクール・ワムI.C.I 田口です。

雨が続くともうすぐ梅雨かな??と思いますが、まだ、もう少し初夏の気持ち良い快晴を楽しみたいですね。

ところで、パーソナルカラリストやカラーセラピストになって、個人で開業しようと思う人もいるでしょう。

そういうときに、気になるのは、他のカラリストさんやカラーセラピストさんが「どんなことをしているのか」とか、「どんなメニューを提供しているか」っていうことじゃないかと思います。

他の人のホームページやブログなんかを見て、

「自分もこんな資格がなくちゃダメなのかも?」と思ったり、

「もっと、こういう道具がなければダメなのかも?」と思ったりして焦ってしまう。

そういうことがあるんじゃないでしょうか。

こういう悩みって、多くの方が感じていると思うのだけど、

実はお客様が実際にカラリストやカラーセラピストを選ぶポイントに、こういうことは関係ないことが多いのです。

では、お客様は何を根拠にカラリストである、またはカラーセラピストである、あなたを選んでくれるかといえば、

それは、ほとんどの場合、「あなたを好きかどうか」です。

「ええ~っ!本当に??」

という声が聞こえてきそうですが…

これは、本当のことなんです。

だって、ワムには2,500人っていう卒業生がいて、みなさん、優秀なカラリスト、カラーセラピストなんです。

全員が、ワムのカリキュラムをしっかり学んでスキルを身につけた人なんです。

だから、その違いって何かと言ったら、その人自身のキャラクター、その人らしさの他にはないのです。

 

そして、「その人らしさ」、「自分らしさ」が愛されれば、愛されるほど、お仕事が来るというのが真実じゃないかと思います。

もちろん、習ったことをしっかりと復習して、いつでも使えるようにしておくことは大切なこと。

でも、それ以外に「これがないと世間で通用しない」みたいに思っていることは、あんまり関係ないと思ったほうがいいのです。

うーん。

それでも自信がないですか?

変なたとえだけど、奥さんに先立たれてしまった一度も料理をしたことのない男性に「味噌汁の作り方」を教えるのは、高級料亭のプロの板前さんじゃなくてもいいよね。

案外、毎日家族のために時間をやりくりしながら料理している人が、インスタントの「顆粒だし」かなんか使いながら、気軽に作れるやり方を教えてあげたほうが喜ばれる。そんなことって、きっとあると思うんです。

そう。つまり、どんなことも、誰かのためになったり、誰かを喜ばせる可能性があるということなんですね。
だから、あなたも今のあなたのままで、誰かの役に立ったり、誰かを喜ばせたりできる。そういうことなんです。

一所懸命に学んだら、ぜひそのことを活かしてほしい。
そのために必要なことは、ただ「自分らしく」あることだけなんですよ。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
(田口さつき)

 

カラーセラピストになりたい方はこちらから

カラーセラピスト資格講座

 

スクール事務局では受講に関しての個別相談を受け付けています。
ご相談内容、相談希望日などを記入の上お申し込み下さい。

ご相談はこちらから

 

カラースペース・ワムでは、随時メルマガを発行しています。
登録すると、色のお役立ち情報やパーソナルカラー、カラーセラピーの疑問に答えるミニ講座、教材の割引クーポンなどがもらえます。

メルマガ登録はこちらに入力して送信してください。

アドレス登録の際の注意
以下のようなアドレスの場合、メルマガの読者登録ができませんので、ご注意ください。

アドレスの先頭に.ピリオドがある。.abcd@example.co.jp
@アットマークの直前に.ピリオドがある。abcd.@example.co.jp
@アットマークより前で、.ピリオドが連続している。 abcd..@example.co.jp
半角英数字と一部の記号※以外の文字列を含んでいる
※一部の記号(. ! # $ % & ‘ * + – / = ? ^ _ { | } ~ )
ab[cd@example.co.jpab@cd@example.co.jp

などです。お手数ですが、ご確認の上ご登録いただきますようお願いいたします。

関連記事

  1. セラピストとして癒やしたいのは誰か?

  2. 習ったのにパーソナルカラー診断ができるようにならない理由とは…

  3. 「パーソナルカラーなんて気にしない。着たい服を着たらいいじゃ…

  4. セラピストになりたいなら、○○を恐れてはいけない

  5. 「自主的に○○してほしい」という気持ちにひそむダブルバインド…

  6. セラピストの描いた理想が砕け散るとき